太ももダイエット方法

太股又は太腿、脚痩せ、足やせ等の太ももダイエット方法:太ももダイエット運動から太ももダイエットサプリまでの太ももを細くする方法

内もも引き締め 注意しないといけない点のまとめ

time 2014/10/31

内もも引き締め 注意しないといけない点のまとめ

太ももの中心は大腿骨バッグを巡る強力的な骨格筋群で、太ももの脂肪は不均衡を分布して、前側に脂肪が蓄積すると、弓状のように隆起し、外側と後ろ側に脂肪が蓄積すると、尻が下垂のように見えて、太腿が短く見えるし、太ももの内側に脂肪が蓄積すると、夏に両足が摩擦すると、言えない悩みがありますでしょうね。では、ここで内もも引き締め一番いい方法を紹介します、一緒に習いましょう。

エアロビクスの局部運動

ストレッチ運動は一番良い内もも引き締め方法です、具体的なやり方は両尻が垂れて、―足をしゃがんで、背中を真っ直ぐに、別の足を後ろに伸ばして床と平行にします;或は、同位置で一足を外側に伸ばし、体と90度の角になるよう、足毎に3組(各組10回)をやります、このようなトレーニングも立つ時にも行うことができる、―足を外側に伸ばし、または後ろ側に伸ばし、出来る限り太ももを真っ直ぐで、そして、床と平行にします。

内もも引き締め

足伸ばし運動は体が横になっても行うことができます。ベッドや床に体を横向き、―足を床と接し、もう―足を上にもち上げて、足を体と45度にするまで。そして、足を45度の角度でテーブルや椅子の上に支える。床と接している一足を持ち上げて、もう一足と近づける。この運動は太ももの内外側の筋肉を増強でき、内もも引き締めだけじゃなく、しかも、太もものバランスと対称性を保持できる。

食事はバランスにする

アンケート調査によって、大多数の足が太る者は、主な原因はあまりにも運動に頼りしすぎて、飲食に注意をしなかったからです。これらの人はよくカロリーの摂取を制限しますが、脂肪がの役目を考えなかった。食事に低脂肪や高繊維を結合することも注意しなければなりません。例えば、野菜や果物をたくさん食べて、脂肪多い食材は少なく食べましょう、特にファーストフードなどに注意しましょう

身体検査

内もも引き締め運動計画をする前に、医師に体を検査してほうがいいです、そして一番やりやすい、不良反応のない運動強度を決めましょう。それからの運動時間をすこしずつ強化していく、しかし、一週間で運動の増加時間は20 %を超えることはだめですよ。運動の最も良いのは運動が終わって1時間以内に体が普通のように回復できます。

運動で内もも引き締め方法

運動中に身体の一部にけがや傷を防止すため、先に準備活動をしておきましょう、例えば、現地で数分間ゆっくりと走ったり、ストレッチしたりなど活動です。運動の一番よい時間は食前1―2時間ぐらい。例えば朝ご飯や晩ご飯を食う前に。

足伸ばし運動を身につけたら、跨ぎ歩き運動を試しましょう、前へ大きな一歩を踏み出す。膝から地面までの距離を15センチくらいするまで、そしてもう一足を前に一歩踏み出す。始めたばかりとき、足毎に2組10回やりましょう。そしてだんだん回数を増やす、他のトレーニングと同じく、最初の段階は遅くてもよい。2足を同等程度のトレーニングを得る。この運動のメリットは内もも引き締めできるし、足はもっと美しいになります。

down

コメントする






AD